春の激務が終わったので更新再開

三国志 (3) (潮漫画文庫)


3巻のあらすじ(希望コミックス5~6巻相当)

・曹操の激に袁紹や孫堅など兵が集まる
・洛陽から長安へ遷都
・曹操敗退、孫堅は玉璽を手にするが袁紹に敗北
・公孫きんの元へ趙雲、劉備達も加勢

ようやっと戦記物っぽくなってきました
三国志 (2) (潮漫画文庫)


2巻のあらすじ(希望コミックス3~4巻相当)

・十常侍と腐敗した政治、玄徳は安喜県の警察署長になるが
 賄賂を渡さなかったので濡れ衣着せられて放浪へ
 帝が亡くなり世が乱れる
・呂布が養父を殺し董卓につく
・曹操の青年期


三国志 (1) (潮漫画文庫)

吉川英治の三国志を読むと漫画のほうを読みたくなる・・・
おもに図書館で読んでるのですがもう何度目やら
何回呼んでも話の流れを忘れてしまう

なのでちょっとおぼえ書程度に3行で一巻の内容

・張角が仙人より巻物を授けられ黄巾党を起こす
・劉備玄徳が張飛と関羽と出会う(桃園の誓い)「我ら三人、生まれし日、時は違えども~」
・義勇軍として黄巾党討伐

※希望コミックス版だと一巻&二巻の内容になります


2017.03.04 三国志
2月はずっと三国志呼関係読んでました
何度読んでも面白い

三国志 文庫 全8巻 完結セット (吉川英治歴史時代文庫)


三国志を最初に読んだのは高校の時だったかな、おなじみ横山光輝の漫画でした
三国志 (新書版) 全60巻 (希望コミックス)


それ以降いろいろな媒体で三国志と付き合ってますが一番好き
ジョジョ同様、ほかの作品でパロディとして取り上げられることも多いので
定期的に読み返してます

戦国物が面白くなってきたらオッサンの仲間入りだと思うw
最近バスや新幹線に乗ることが多く読書の習慣が復活しました

ホルモン焼きの丸かじり (文春文庫)2013/10/10 東海林 さだお


少しの時間にちょっとだけ読みたいときにおすすめなシリーズ
5ページくらいの食べ物に関する短編集で内容がとても軽いのが良い

生卵って、イクラやウニに匹敵するくらいおいしいものなのに人々はそれに気づいていない。
あまりに値段が安いがために値段が評価を誤らせているのだと思う


でも時々ハッとするようなことが書いてある
卓上コンロに火をつけることを「バッチンする」とか表現してみたり
身近なネタで共感出来るととてもうれしい

そういえば寝る前に食べ物の本読むと唾液が分泌されて虫歯や歯周病になりにくいって
昔テレビで言ってたけど本当なのだろうか