上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は毎年五月病になるタイプ、四月五月の多忙に体がついていけなくなるのが原因
たいてい六月あたりには治るのですが今年はなかなか抜けてくれない、歳かな?
メンタルヘルスで薬もらえば良いのでしょうがちょっと怖いので
ここは本を読んで直すことに

キュリー夫人伝


ゆうきゆう「マンガで分かる心療内科」、山田玲司の「絶望に効く薬」などの漫画も読みましたが
小手先の知識よりも素直に「この人は凄いなぁ」と感動した方が私の場合効果ありました

キュリー夫人は戦中の過酷な環境で人類史に残る研究をしても、特許をとらなかった
「この発明は、病気の治療に使えるものですよ。
病人の足元に付け込むなんて、私には出来ません。 」

なんという偉人オーラ、かっこいいなぁ…
こうなれなくてもいいからキュリー夫人みたいな事を一度言ってみたいものです
五月病なんてなってる場合じゃないですね、頑張らなきゃ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。