上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もしも、エリザベス女王のお茶会に招かれたら?-
英国流アフタヌーンティーを楽しむ エレガントなマナーとおもてなし40のルール-




お茶会の知識が必要になったので読みました、その用途ではとても役に立ったけど
英国式ティータイムに対する憧れみたいなものは砕けちりましたw
きゅうりのサンドイッチは見得の産物だとか無意味な儀式めいた制約とか
紅茶の味が悪くなるような事ばかり書いてあって非常に面白かったです
残酷と痩せ我慢はヨーロッパの美学www

・手土産の定番はチョコレート
・ゲストは食べられないくらいの量のティーフードを用意する
・水分が多いお菓子(ソースがかかったものも)はNG
・ママレードは朝食の定番なので午後は出さない
・「最後に少し強めのお茶でもいれましょうか?」お開きの合図の言葉

このあたりは知識として覚えておきたいと思うのだけれど

・階級によってマナーが違う
・はっきり決まったルールはない(それぞれ違うことも)
・「ちょっぴり意地悪な世界」である

意地悪どころの話じゃありませんて
正直かかわりたくないw
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。